資産運用 不動産 投資 マンション ワンルーム

資産運用 自己資金0円でもできる

自己資金0円でもできる資産運用
マンション投資入門講座

セミナー申し込みページ

資産運用を比べてみよう

初心者が資産運用を始めるときは、最低限の知識が必要です。
まず、資産運用といってもいろいろな種類があることを知っておいたほうがよいでしょう。

 

例えば、銀行の普通預金であっても、資産運用のひとつなのです。ただし、ご存知のように、有るのか無いのかわからないほど利息が低いので、あまり「運用」とは言えないかもしれません。そして同じように銀行には定期預金があります。

 

こちらもあまり良い金利ではありません。こうした身近な資産運用からはじまり、外貨普通預金も初心者なら知識のひとつに入れておいたほうがよいうですね。もちろん外貨定期預金もあります。

 

この、外貨の相場変動を用いた資産運用で人気があるのがFXといわれる外為投資です。

 

これは初心者で、とくに女性に人気が出て、たいへんな話題にもなりました。初心者でしかも主婦などの女性が資産運用をして、1か月で数百万円も利益を出したという話もよく聞きました。

 

しかし、こうしたハイリターンの資産運用には、当然ハイリスクも伴います。マンション投資や不動産投資のように、形が残るものと違って、外為資産運用のようなスタイルは、追加で証拠金を納める追証と呼ばれる、資産運用の資金とは別に、さらにリスク保全のための資金も必要です。

 

比べてみるとマンション投資や不動産投資のような安心感が乏しいような感じがしますね。

 

初心者が資産運用をするときは、基礎的な知識を身につけてから、というのが当然のことです。

 

インターネットのサイトにもいろいろな情報があふれていますが、どこかひとつのサイトだけにこだわらず、さまざまな観点から知識を吸収することをお勧めします。

 

不動産投資(ワンルーム)
 マンション投資 

資産運用の中でも不動産投資(ワンルーム)は、ローリスク
で長くリターンが見込めるのが魅力の1つ。
都心部のワンルームマンションだとリスクも少なく年金対策にぴったり。
レバレッジも作用するため少額から始められるのも魅力。
年金不安から始められる方も増えてきている。
サラリーマンでもワンルームなら自己資金が少なくても取り組むことが可能です。

自己資金 リスク度 評価
小〜中 中(自分でリスクヘッジ出来る) 資産運用を不動産投資でしてみよう

 

株式投資
株式 

株式投資では、投資する企業を選んだり、買うタイミング・売るタイミングと売買値段を決める事が出来ます。このため、自分のタイミングでその企業の株式を買うことができます。投資する企業を選んで成長の予測が正しければキャピタル・ゲインを得たりすることも可能ですし、企業の業績や経済状況を見ながら売買の判断をする楽しみがあります。ほかにも株式投資は配当があったり、株主優待を受けるメリットもあります。

自己資金 リスク 評価
 
 

不動産投資を利回りで考えた場合


不動産投資を利回りで考えた場合、15%とか20%とかの高い利回りもあるため
どうしても高い利回り物件などに惹かれてしまう人も多いのではないでしょうか?
これは皆さんもご存じかもしれませんが、どんな投資でもリターンが大きければリスクも大きくなります。
不動産投資でも同様のことが言えます。
一般の会社員や公務員の方がそこまでリスクを負ってやるべきなのでしょうか?
都心部の投資用マンションの利回りは新築であれば4、5%です。
その数字だけとらえて株式投資やFXなどにくらべて
「魅力がないなあ〜」
と思われるかたもいるのではないでしょうか?
投資マンションは資産運用としてどうなのか疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。
東京都心部のワンルームマンションなどは安定した優れた運用先だといえます。

たしかにリスクの高い投資は、時に大きな利益を生むこともあります。


しかし、キャピタルゲイン狙いの投資で安定した長期的な収益を継続させることは困難です。


短期売買の株式投資やFXではリターンが大きい反面、リスクも大きくなります。
不動産投資でも高利回り物件は大きなリスクがあると言わざるをえません。
ですから、このサイトでは、一般の会社員や公務員でも取り組むことが可能な
ワンルームマンション投資を推奨いたします。

ワンルームマンション経営は、デイトレードのような短期売買の株式投資やFXのように目に見えて大きな収益を上げることは出来ません。
手取りキャッシュフローもわずか微々たるものです。
しかし、ワンルームのような投資の資金の少ない投資ならば長期安定運用が可能なのです。

立地をきちんと選らべば、将来に渡って安定した運用が可能になります。
賃貸における需要である人口の減ることのないエリアの堅実な物件を購入すれば、
売却する際に不動産価格が大幅に下落してしまったり、インカムゲインがほとんどなくなることは考えにくいです。

資産運用における リスク度


資産運用・投資にはリスクがあります。
不動産投資一つをとってもいかなる投資法を選ぶかで
リスクが大きく違います。


1Rマンションなどの不動産投資は言うなれば
「ローリスク、ロングリターン」
の投資であるということが出来るでしょう。

 
更新履歴