資産運用 分散投資とは マンション ワンルーム

資産運用 自己資金0円でもできる

自己資金0円でもできる資産運用
マンション投資入門講座

セミナー申し込みページ

分散投資とは

 

分散投資とは、投資資金を一カ所に集中させるのではなく、いくつかの方法に分散させる手法のことを指します。

 

例えば、100万円の投資資金を一つの株式にすべて投資した場合、万が一、その会社が大きな問題を起こしたり、倒産すると株式の価値が下落して、100万円を失ってしまう恐れがあります。

 

しかし、30万円をA社の株式に投資し、30万円をB社の株式に投資し、30万円を国債に投資し、10万円を外貨預金に投資する、など分けておくと、A社が業績悪化で株価が下落しても、まだ残り70万円は利益を生む可能性が残ります。

 

また、タイミングと期間という時間的な分散の方法もあります。
少しずつ債券を買っていく積み立て方式の投資もこの時間的分散投資になりますし、また外国為替など安い時にまとめて買っておいて、値が上がってきた時に少しずつ売るという方法もあります。

 

この分散型の投資は、多くはリスクを軽減させることが目的ですので、何か一つの投資方法に集中させて大きなリターンを得ることは出来なくなります。
このため、投資対象と時間の分散を組み合わせることで、リスクを軽減させながらもリターンを多くすることが必要になりますが、それには専門的な知識や多数の優良な情報、機敏な判断と決断が必要になります。

 

投資における有名な格言に「ひとつのカゴにすべての卵を盛ってはいけない」という言葉があります。
カゴを落としたら、すべての卵が割れてしまい、全てを失ってしまうからです。

 

このイメージを常に頭に描き、リスクの少ない投資を行なうことが肝心です。

 

資産運用 不動産