資産運用 不動産 投資 マンション ワンルーム

資産運用 自己資金0円でもできる

自己資金0円でもできる資産運用
マンション投資入門講座

セミナー申し込みページ

生命保険の代わりになるのでしょうか?

タワー群

マンション投資は生命保険の代わりになるのでしょうか?

実はマンション経営は生命保険にもなるし収益も生むのです。
団体信用生命保険という保険を皆さんご存知ですか?

 

不動産を購入するためのローンは、金額が大きいため、長期間にもわたり返済するのが一般的です。
ローンで投資用マンションを取得する場合、住宅ローンでも使われる団体信用生命保険に加入することになります。

 

マンション購入の際に加入する団体信用生命保険は万が一の時には、残されたご家族に負担をかけることなく安定収入と資産を残してあげられるのです。
投資用マンションも団信に入っていれば生命保険と同じような役割を果たします。

 

マンションを購入しローン(団信付)を利用した場合、契約者に万が一の場合があった時に保険金が一括でローンの残債を返すために支払われます。

 

ワンルームマンション自体と家賃収入はご家族に引き継がれます。

 

この2つの点から残されたご家族の生活を守ることが可能です。

 

 

 

 

マンション経営をした場合の団体信用生命保険は、イメージとしては生命保険というよりも、遺族年金に近いのかもしれません。
そして、銀行によっては、この保険料を負担してくれるところもあります。

 

 

もし今、現在、死亡保障のついた生命保険に加入している場合は、

 

団体信用生命保険の分だけ保険料を見直すことで家計のコストダウンにつながります。