資産運用 ポートフォリオ(不動産投資、マンション投資)

資産運用 自己資金0円でもできる

自己資金0円でもできる資産運用
マンション投資入門講座

セミナー申し込みページ

資産運用 ポートフォリオ(不動産投資、マンション投資)

資産運用をするならばポートフォリオという考え方が絶対に必要です。

 

ポートフォリオというのは、簡単にいうと資産運用をする際に、ひとつの方法だけに集中せず、あちこちに分散する投資方法のことです。

 

例えば、100万円という資産があるとします。この資産運用をする際に、ポートフォリオをいう考え方を用いるとすると、全額をどこかの銀行の定期預金に預けるなどということはしません。

 

その理由は、利息が低いからというだけではなく、万が一預けた銀行に何かトラブルがあったら困るからです。

 

法律では1000万円まで保証されることになっていますが、トラブルが起こってすぐに対応されるわけではありません。半年かかるかもしれません。

 

そこでポートフォリオです。20万円は銀行の定額預金にします。20万円は国債。

 

20万円は外国預金にしましょう。20万円は投資信託、20万円は外為FXなどというように、分散して資産運用しておき、それらを管理することがポートフォリオなのです。さまざまな運用方法には安全性、流動性、収益性などの利点がありますが、同時にさまざまなデメリットやリスクもあります。

 

それらを組み合わせることで、安全で効率的な資産運用ができというわけです。ここで頭にいれておきたいのが不動産投資、マンション投資です。不動産投資のなかでもマンション投資はこのポートフォリオの一部として大きな役割を果たします、なんといっても不動産ですから、価値が目に見えてわかり、安全性が高いのです。

 

いろいろな不動産投資があるなかでも長年人気を保っているのはこのマンション投資が優れているからにほかなりません。いますぐ、資産運用のポートフォリオを考えて、将来の豊かな自分の生活をプランニングしてはいかがでしょうか。

 

資産運用不動産投資