資産運用 不動産 投資 マンション 老後

資産運用 自己資金0円でもできる

自己資金0円でもできる資産運用
マンション投資入門講座

セミナー申し込みページ

早めに資産運用

老後のライフプラン

ゆとりある生活と不労所得のために老後にゆとりある生活をするためには、
生命保険会社の資料調べてると38万となっております。実際に手元にたくさんもの現金があっても、
使えなくなってしまうこともあります。

 

早めに資産運用のための不動産としてのマンションををもつことで、
老後のライフプランを描ければ、引退後の生活費を確保したり、年金対策が行えます。

 

生命保険文化センター「生活保障に関する調査」によると、老後の生活費はつまり年間で180万円の不足。
この金額では生活は成り立ちません。
年金以外の収入があれば、年金生活になっても安心です。
老後の生活は意外にお金がかかります。
引退後の医療費は高齢者はかなりかかります。

 

若いとき購入した古くなった自宅のリフォーム代、成人した子供の冠婚葬祭費用等もかかってきます。

 

マンションからの賃料収入あれば老後の支えになることでしょう。

 

個人差ありますが、厚生年金の支給額が月額23万円とだとすると、約15万円不足します。
定年後働いて不足分月額15万円の収入を得るのは結構大変です。
しかも、今の年金制度は財政を考えてみれば、厳しいものがあり、年金制度自体が崩壊の可能性も否定できません。

 

あなたが現役世代であれば、収入もある程度ありますので、給与収入だけで生活することが可能ですが、
引退後は老後年金だけでは足りず、貯金を切り崩して生活するほかありません。
資産運用をすることで老後に備えましょう!


老後のために資産運用記事一覧

資産運用は老後のために絶対に必要なことです。現在どのような生活をしているにせよ、いつか必ず老後は訪れます。今の生活を維持するには年金だけでは不足であると誰でも分かっているのに、何も資産運用をしないというのは恐ろしいはなしです。日本は大地震がいつかくる、みんな知っていたのに、自分が生きている間だけは大丈夫、などといった根拠の無い安楽感を持っていたのではないでしょうか。資産運用もまったく同じことがいえ...